スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)--:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackbacks(-)|
  4. Comments(-)

blacky荘へようこそ。

今日はユキから電話が来た。エブっちからメールが来た。イックちゃんからメールが来た。
うれしくってうれしくって♪
いい日だなぁ・・・。なんて思ってたらうとうとしてしまった。
たまんねー夢ヲ見た。
はっきり覚えてた。細かく。





きむが、10月に帰ってくるという。
その記念に、
「ブラッキーみんなで一つの安いアパートを借りてみんなで住んでしまおう計画」
が持ち上がった。



やはり、動くのが一番早かったのはユキ。
まず、安っい物件をいくつか持ってきた。
それをエブっちが見定めてしらやんが横でブーブー言いながら、きむは真面目に話を聞いていて、巨匠ちゃんはアイスを食べている。
その後ろであたしとイックちゃんはトランプで遊んでいる。
というより、イックちゃんはあたしのワガママに付き合ってくれている。

うん、みんなはユキとエブっちがいるから安心なのだ。


結局エブっちとユキが決めた所に決定。
千葉かよー!とブーブー言うあたしの言葉にみんな耳を傾けなかった。
そう、これもお決まりのパターンだから。



そして、10月頭に入ろうという事に。



そして、部屋割りを決めようとなった瞬間女子がハングリーになりだす。
一番初めに間取り図にココ!!と指を指したのがあたしとイックちゃん。
必然的に2つ決まってしまった。
巨匠ちゃんは出遅れた!と後悔しつつ、まだ選んでいた。
ユキはお仕事の関係で二部屋必要だという事に、しらやんが猛反発。しらやんをなだめるきむ。エブっちはどこでもいいと言う。
きむは気を利かせてエブっちとユキの事をまず考えていて、それを見ているしらやんは良い子になる。

そして決まった部屋割りがコレ↓↓↓↓↓




自分でココがいいのおおおおおおおお!!
なんて言ったのに、しらやんの場所がいいなぁなんてダダをこねるあたし。
今更うるさい、お前。と、言うのはユキ。
はい、ごめんなさいと謝るあたし。素直でよろしいと言うエブっち。



きむの隣でうれしくってはしゃぐあたし。
イックちゃんの隣で喜ぶしらやん。
あたしの下で憂鬱な巨匠ちゃん。
ユキは夕飯の支度をしている。
イックちゃんがユキの隣になれて喜んでいる。
きむは複雑。
エブっちはそれどころじゃなくって、不動産の人と電話。



10月になった。


一番初めに入ったのは、205のあたし。
はりきりすぎである。
ユキは機材やなにやらベッドやらいろいろ、一人で運んでいる。今にも倒れそうだ。
それを見て腹をかかえて大笑いしているあたしとエブっちとしらやん。
それを見て助けようとしている、イックちゃんと巨匠ちゃん。
それを今見たきむ。寝てたみたい。今起きたみたい。あたしより先に入っていたみたい。
一番遅くに入ったのは、イックちゃんと巨匠ちゃん。
北海道だから。
泳いで来たのぉ♪
なんて可愛いボケをかます二人。


まぁなんとかみんなが落ち着いて、生活できるようになってきた。
仕事も大変になって、近くにいるのに全然会えないようになる。



きむに彼女ができた。
イックちゃんとしらやんが付き合った。



みんなそれぞれ大切な人がいて、あたしはそれに嫉妬していた。
あたしのきむが、あたしのイックちゃんが、しらやんのやろー、ユキはなにをしてるんだろう、エブっちはいつ帰ってくるのかな、巨匠ちゃんは試験どうだったんだろう。
みんなの大切なモノに、あたしは嫉妬して泣く毎日だった。

終わり---------------------------------------


そうそう、ここで起きてしまったの。
起きたらパンテー膝まで下がってたよ(涙)どゆことだよ、おいー(涙)
でもさー、すっごく楽しかった夢♪
なーんか、近くに居ても、遠くに居ても同じなのかなぁって思ったよ。
あたしって、ほんと子供だなー(笑)
それにしても、よく覚えてるねあたし。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/06(土)22:20:50|
  2. 眷恋09|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:10
<<叫びたい時に聴く音楽 | ホーム | オトナとコドモ>>

Comments

Non Title

だよな。渋谷人はこねぇな(確実)

あたしがいつも妄想してんだよ、悪いかよっ(涙)
メニュー選ぶのに人任せだったくせにっ。

ブラッキー荘があったら毎晩寝かせないわよ。
毎日みんなの所に押しかけてやる。
  1. 2005/08/11(木)20:36:16 |
  2. URL |
  3. タエ子→エブっち #-
  4. [ 編集]

Non Title

だってもさ、渋谷住人に千葉の片田舎の○○に来てって言えるか?
言えんめええええええよぉぉ
つか知らんべ(涙)
いつもっつうかまだ2回だかんな?
最初の店勧めたの自分だかんな?
予約は入れてもらったけど・・・

ちょっと今度一緒にブラッキー荘でどう?(照)
  1. 2005/08/11(木)09:42:27 |
  2. URL |
  3. エブっち #-
  4. [ 編集]

Non Title

いひひひ
だってぇ、いっつも飲むとき人任せじゃんね(笑)
そんな所がまた面白い。
きっと二人で飲んだら、まずそっからツッコムから。そっから言い合いだから。

現実のブラッキー荘があったら・・・・・
嬉しいような、激しいような。
オイタができないわ!
はっ
  1. 2005/08/10(水)23:01:13 |
  2. URL |
  3. タエ子→エブっち #-
  4. [ 編集]

Non Title

むー
人任せですまなんだね(涙)
夢で頑張ったんだからいいじゃんかああああぁぁっぅううううおおおぉ
現実のブラッキー荘があったらかなり怖いです。
  1. 2005/08/10(水)16:25:02 |
  2. URL |
  3. エブっち #-
  4. [ 編集]

おまいらあああああああ

すげーだろおお♪
こんなステキな夢みちゃったんだかんねー♪
まじリアルだったよ(笑)
しらやんが口下手ではなかったのが新鮮でした。きむがあたしのワガママに笑顔で付き合ってくれました。イックちゃんがあたしの名前を何度も呼んでくれました。巨匠ちゃんはとてもマイペースでしっかり者でした。ユキはどこか天然でした。エブっちは、人任せなところがあるのに夢の中だと張り切ってました。
うふふ

きむうううううううう
早く帰ってこおおおおおおおい♪
写真撮り合いっこしたいしー、お酒も飲みたいしぃ、もう叩かないしぃ(涙)
  1. 2005/08/09(火)20:55:47 |
  2. URL |
  3. タエ子 #-
  4. [ 編集]

いいねBlacky荘

あまりにもリアルな描写で思わず爆笑。すげーよ、タエコさん。
俺もタエコさんの隣の部屋だったらはしゃいでぱんてーかぶっちゃうよ。

ああ、てか俺の帰国記念なんてすげえうれしい。
帰国したら絶対みんなのとこ会いに行くから!
  1. 2005/08/07(日)22:01:10 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

そゆこと

なので、当分更新できまへん 涙
うわぁぁん
ケータイから投稿できるようにしておけばよかたー
  1. 2005/08/07(日)19:50:38 |
  2. URL |
  3. たえこのPC壊れました 涙 #-
  4. [ 編集]

嗚呼…ここまで的確に描写されるのね…(´∀`)
的確すぎて複雑w
部屋決めは人任せにしながら後で絶対ぶーぶー言うな俺(笑
微妙に、えっ…と思う描写はあるんだけど。
その辺、どうなんだろ。ありなのか?あるのかそんなこと?笑
  1. 2005/08/07(日)02:35:18 |
  2. URL |
  3. しらやん #-
  4. [ 編集]

リアルやね。つーかふた部屋ありがたう。
何がリアルって人間描写が異様にリアルや。
まだ会ったこと無いイックちゃんが何故かとてもリアル。
もちろんおれも。かなりの高確率で上記の通りだと思われます(家い)。
  1. 2005/08/07(日)01:27:50 |
  2. URL |
  3. 幸の字 #-
  4. [ 編集]

タエ子ちゃんすごい!!

容易に想像できるし、ほんとにそんな感じになるんだろうなって想えるのっ
ってことは、タエ子ちゃんの観察力が鋭いってことだよね(*^‐^)
悪の大魔神の時もそうだったなぁ…

こんな物語ありそう!!
遠くにいても近くにいても、みんなそれぞれの仕事や生活があるもんね。
だけど、どうしてるかな?って仲間のことを想えるって気持ちがまず素敵なことだよねっ
  1. 2005/08/07(日)00:34:59 |
  2. URL |
  3. 193(携帯) #th.UdGY2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://no09.blog6.fc2.com/tb.php/114-cc0c7fdb

眷恋09

■管理人:眷恋09
密度
 →23歳
趣味
 カメラで早漏。
 →PENTAX programA
 →海鴎4A-103
 →Canon Canonet QL17
 →FOTORAMA Mr.HANDY
行動
 →H18/01/24 写真展「7」
Fotologue.jp
 →KENREN





Category

Entries

Comments

Trackbacks

Archives

LINK

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。